独立で必要なスキル

フリーで働く理由として、自分のスキルがどこまで通じるか、高額報酬を狙う、会社という組織から自由になる等、いろいろあるだろうが、システムエンジニアとして独立する道を選んでいる人も実際にいるし、これから選ぼうとしている人もいるだろう。会社員のように雇用が守られている世界ではないため、自分で自分を守っていくことが必要になるが、その時に盾になり武器にもなるのがその人が持っているスキルだ。

では、システムエンジニアとして独立する場合に求められるスキルとは何かというと、テクニカルスキルとコミュニケーションスキル、そして一般手的なビジネススキルであるといわれている。コミュニケ―ションスキルとビジネススキルはある意味他の仕事で独立する場合でも必要となるものである。一方、テクニカルスキルはシステムエンジニア特有のスキルということになるが、これはさらに、プログラミングスキル及びプログラムやデータベース、ネットワークの知識を基にしたプログラムや製品の選定スキルに分けられるだろう。このプログラミングスキルはあることに越したことはないが必須というわけではないかもしれない。理由はシステムに必要なプログラムを選定し、調達できれば足りるはずだからである。そうなってくると、テクニカルスキルにおいては、多種多様なプログラムや各ベンダーが提供している多くの製品からシステムに必要な最適なものを選び出すスキルが一番大事になるといえるのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です