IT業界における女性比率

システムエンジニアの仕事はトップクラスにハードなものだ。したがって、まだまだ男性の数が多いと言わざるを得ない。そもそも大学の時点で理系に進む女子の数が少ないのだから当然だ。専門学校からエンジニアになるコースには女性の数も少なくはないが、男性に比べるとデザイン関係の仕事や企画営業の仕事に回るパターンが多い。
それでも近年は、徐々に女性の姿も見受けられるようになっているのだ。率でいうとおよそ二割程度がすでに女性であって、これからさらに増えるだろうと予想されている。デスクワークが主体なので、中には男性顔負けの技術力を持ってバリバリ働いている女性もいる。長時間椅子に座って根気強く仕事ができるなら、女性でも男性以上の成果を出すことができるのがこの仕事の魅力のひとつである。プロジェクトのリーダーを任されるまでに至った女性も出てきていて、非常に夢のある仕事だと言えるだろう。

システムエンジニアは技術力があるなら、会社を離れても十分にお金を稼いでいくことができるのだ。独立をしてフリーのエンジニアとなるもよし、新しい会社を起こして経営者となるもよしだ。どちらにせよ、成功した暁には会社員時代とは比べ物にならない年収を手にすることができる。独立をすると年収1000万円オーバーの年収も夢ではなくなるため、アーリーリタイアを目指すことも可能である。若い時期にハードに働き、稼いだお金を投資して後はゆっくりするのも良いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です