システムエンジニアの独立にまつわる不安

システムエンジニアとして働く場合には、会社に入って社員として仕事を請け負う働き方と、独立してフリーエンジニアとして仕事を得ていく働き方の二種類がある。後者は多くの場合、会社で経験を積み、スキルを身に着けてから独立するという形が多い。

フリーエンジニアになると、多くと利点がある。一つの仕事に対する報酬は増えるし、自分で自由に仕事の時間帯を決めることができ、時間の融通がききやすい。しかし、利点ばかりというわけでもなく、不安も常に付きまとう。会社で働いていれば、基本的に仕事がなくなることはないが、フリーエンジニアの場合、自分で仕事を取ることができなければ稼ぎがなくなる心配がある。特に、独立したばかりのころは、クライアントの認知度も低いため、十分なプログラミングなどの知識やスキルがないと、仕事を得られない可能性も高い。また、能力に自信があったとしても、売込みがきちんとできないと仕事は得られない、というところも不安材料の一つである。ライバルとなるシステムエンジニアは多数存在するので、自分の仕事内容の長所を的確かつ印象的に伝えられなければ、クライアントに興味を持ってもらえない。このように、フリーエンジニアとして働く場合には、利点も多く存在する反面、様々な不安も同時に抱えることになる。この不安を少しでも軽減するためには、フリーになる前にきちんと必要なスキルを身に着け、十分な準備を行うことが重要である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です